更年期の女性の薄毛「エストロゲン」

髪の毛の成長に大切な女性ホルモン「エストロゲン」

女性ホルモンの一種である女性のからだ作りを助ける「エストロゲン」は髪の毛の成長を促す仕組みに大きく関係しており、
活発に分泌されることで髪の毛はハリとコシのある健康的な状態を保っています。

抜け毛や薄毛に悩まされる原因には、髪の毛の成長に大きく関わっている女性ホルモンの分泌が減少することが挙げられます。

女性ホルモンが減少すると、髪のハリやコシが失われて1本1本が細くなり弱々しい状態になります。
そして、髪の毛の本数が減ったり、髪の毛が成長しないうちに抜けてしまい、抜け毛や薄毛の症状に悩まされるようになります。

女性ホルモンの分泌量は、20代後半から30代半ばぐらいまでがピークとされており、その後は徐々に減っていく傾向にあります。
特に45歳〜55歳くらいの時期に迎える更年期には、女性ホルモンが急激に減少することで心身に変化が現れ、髪の毛に悩まされる女性が増加します。

毛母細胞の働きを活発にするエストロゲン

ヘアサイクルを正常に働かせ、健康的な毛髪を保つためには、毛母細胞が活発に働く必要があります。
ところが、この毛母細胞は加齢やストレスなど、様々なことが原因で働きが低下し、正常な発毛ができなくなってしまいます。
この毛母細胞を活発にさせる働きがあるのが、「エストロゲン」です。

更年期には、このエストロゲンが減少してしまうために、薄毛の症状が目立つようになってしまいます。
エストロゲンは、女性の外見的な部分を良く保つために様々な働きをしてくれます。
そのため、このエストロゲンが減少してしまう更年期は、肥満や肌老化の他にも薄毛というもう一つの外見的な悩みを増やしてしまうことになります。

髪の毛の艶を保つのもエストロゲン

更年期の女性は薄毛もさることながら、今ある髪の毛の艶も失いがちです。
髪の毛に艶を与える働きのあるコラーゲンが減少してしまう更年期特有の現象でもあります。
そして、エストロゲンにはこのコラーゲンを増やしたり保ったりする効果があります。
加齢による卵巣機能の低下で、エストロゲンの分泌が減ってしまう更年期は髪の毛の艶やコシも減ってしまいます。

エストロゲンがもたらす美への作用

肌のハリや艶、潤いを保つ
健康的な爪を作り出す
代謝を上げる
骨を丈夫に保つ
健康的な発毛を促す
髪の毛の艶、コシを保つ

これだけの作用があります。
そのため、エストロゲンが減少してしまうことで、

肌老化
肥満
骨粗しょう症
薄毛
髪の毛のパサつき

これらの外見的な悩みが増えてしまいます。

エクオールがエストロゲンの変わりになる

エクオールは大豆イソフラボンの代謝物です。
大豆イソフラボンが更年期に良いと言われてきたのは、エストロゲンと似た働きをしてくれるからです。
ところが、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという物質が腸内細菌によって、エクオールという物質に代謝されなければその意味はありません。

また、この代謝に必要な腸内細菌を持つ日本人女性は全体の約半数です。
そのため、大豆イソフラボンをいくら摂取しても、エクオールに代謝されない人がいます。
そのために、エストロゲンと似た作用を得ることができません。

そこで、生まれたのがエクオール自体をそのまま摂取できるサプリメントです。
これは、腸内細菌の有無に関わらずエクオールを体内に入れることができますので、高いエストロゲン様作用を発揮してくれます。
エクオールが体内で、エストロゲンの変わりとなって働いてくれるということです。

エクオールが体内でエストロゲンの変わりの役目を果たしてくれるのなら、エストロゲンの減少からくる薄毛にも効果を期待できます。

エストロゲンが毛母細胞を活性かすること、髪の艶を保つコラーゲンを作り出してくれること
これらから考えると、エストロゲンとより近い働きをするエクオールは、更年期の薄毛はもちろん、肌老化や肥満の予防にも期待できる成分だと言えます。

更年期の女性は、ホットフラッシュや倦怠感、めまい、頭痛、気分の落ち込みの他にも外見的な変化が起こりやすくなります。
ただそれは、更年期ではなくただの老化だとあきらめてしまう人もいます。
ですが、実はそれはエストロゲンの減少による更年期症状のひとつでもあります。

そのため、エクオールを摂取することで肌老化や肥満、薄毛を防いだり改善したりすることもできます。
エクオールが摂取できるサプリメントで薄毛を改善してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA