産後に起こる分娩後脱毛症とは

産後脱毛の原因と対策は?

可愛い赤ちゃんを産んでしばらくすると、髪をシャンプーした後の排水口にたくさんの抜け毛が付いているのに、びっくりしたママさんも多いのではないでしょうか? 「こんなことがいつまで続くのだろうか?」と、不安に思われたこともあるはずですよね。

 

出産を経験した約7割の女性が産後の抜け毛を経験していると言われています。「産後脱毛症」とか「分娩後脱毛症」と呼ばれる、これらの原因は?

出産後、一時的に抜け毛が増えて、髪が薄くなったと感じてしまうことの多くは分娩後脱毛症と呼ばれます。でも、普通は極端な脱毛に至らず、出産後6ヶ月~1年程度で自然に回復します。

多くはホルモンバランスの崩れが原因です。妊娠中は女性ホルモンの働きが活発で、ヘアサイクル(毛周期)が一時的に変化して起こります。

妊娠中は髪に必要な栄養素が胎児に取られてしまったり、出産前後はエストロゲン(卵胞ホルモン:排卵の準備を行うホルモン)などの女性ホルモンが非常に増加し、ヘアサイクルが一気に成長期から休止期に入ってしまうからだと云われています。

 

ある程度脱毛しても、産後6ヶ月ほどの期間で女性ホルモンのバランスが正常に戻ると、徐々に回復してきます。ただ、その回復度合いには個人差があり、産後のストレスが重なって、抜け毛が止まらなかったり、酷い場合は円形脱毛症を併発してしまう場合もあります。

目まぐるしく変わるホルモンの状態に産後の体がついて行くことが出来ずに、いろんな影響が体に現れて来ます。頭皮が敏感になったり、乾燥することで更に抜け毛を増やすことにもなります。

出産後しばらくの間は、母体がまだ完全に回復していないのに、育児に追われるなど、これまでと全く異なる生活が原因のひとつになることもあります。慣れない育児の不安や疲労、ストレス、授乳から来る栄養不足、睡眠不足などが、余計に抜け毛を加速させるかもしれません。

女性ホルモンと薄毛の関係

エストロゲン(卵胞ホルモン)はいわゆる女性の色気を増幅させる、女性らしさを増強するホルモンです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠状態を安定させるために体温を上昇させる働きなどがあり、髪のヘアサイクルを伸ばす作用があります。

髪の毛は成長期⇒退行期⇒休止期というサイクルで、生えては抜けて行きます。妊娠していない時はエストロゲンとプロゲステロンが約2週間ごとに交互に優位な働きを繰り返します。

しかし、妊娠中はプロゲステロンが優位に働き、その分泌量が増えると成長期の期間が延びて、本来なら休止期を迎えて抜けるはずだった髪の毛が生えたままの状態になっています。

だから妊娠中は髪の毛が増えているように感じることもあります。無事出産すれば分泌が増えていたプロゲステロンの量が元に戻るので、本来ならバランスよく抜けていた髪の毛が一気に抜けて落ちてしまうのです。

 

抜け毛を長引かせる要因

育児のストレス

出産後の生活はいつも赤ちゃんが中心となってしまい、思い通りにいかなかったり、夜泣きなどで寝不足が続いたりします。その結果、心身ともに疲れ、ストレスが溜まります。そのストレスによって交感神経が優位になって筋肉に血液が集中し、内臓への血液供給が低下して、血行不良となり、毛髪に悪影響を及ぼすのです。

睡眠不足

髪の成長ホルモンの分泌が盛んなのは22時~2時の間です。普段なら睡眠中で問題はないのですが、出産直後の赤ちゃんの夜泣きなどで、頻繁に起こされて、適切な睡眠をしていないと、新たな細胞が作られ難くなります。すると、髪はやせ細り、脱毛や薄毛の要因に。

無理なダイエット

産後、増加した体重を何とか以前のようなスリムな体に戻そうと、無理なダイエットをしていませんか?これは薄毛や脱毛の大敵です。急激に体重を減らすと、自律機能の調整を行う総合中枢の視床下部に十分栄養が行き渡らなくなり、ホルモンの分泌が低下します。そのせいで、毛髪の発育が阻害され、余計に抜け毛が増えてしまうのです。

回復期間にやっておきたい抜け毛の対策

分娩後脱毛症が気になる方におすすめの、女性ホルモンの回復期間にやっておきたい抜け毛対策をいくつかご紹介します。

脱毛のことを気にしすぎない

出産という一大事を終えて、ひとつの命を育んでいる。そのことだけでもすばらしいのですから、他人や過去の自分と比べたりして落ち込むことはありません。また、ずっと子育てにつきっきりでなく、お子さんが寝静まったあとの数十分でもいいので、自分だけのリラックス時間を持つことができれば、精神的に安定します。

毛髪の栄養分をよくとる

お子さんのことが第一で、お母さんは自分の食事が後回しになりがちです。髪はケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。魚・肉・卵・大豆などの高たんぱく食品をとり、発毛に必要なビタミンB群、亜鉛、葉酸も多く摂取するようにしましょう。大豆やレバー、豚肉などの食材に多く含まれますが、どうしても忙しければ、サプリメントで補填するのも有効です。赤ちゃんを母乳で育てているなら、赤ちゃんのためにも十分な栄養をとっておくことは重要です。

アミノ酸系のシャンプーを使う

出産後の敏感となった頭皮には、一般的なシャンプーでは刺激が強すぎるかもしれません。アミノ酸系のシャンプーでの洗髪をおすすめします。

女性向けの育毛剤を使う

女性専用の育毛剤を使うのもおすすめです。男性の育毛剤は効き目が強そうなイメージがありますが、ホルモンの違いなどの関係で、女性には効きません。育毛剤を使ったとしても、即効性はありませんので、数ヵ月間ほどは使い続けましょう。

睡眠をよくとる

「寝る子は育つ」といいますが、髪も同じで、睡眠中に成長し、傷みも補修されるしくみになっています。子育て中は、睡眠時間をとるのも難しくなりがちです。ご主人と手分けをしながら、ゆっくりリラックスした就寝時間を確保します。お子さんが昼寝しているあいだに家事をすることも多いでしょうが、たまにはいっしょに昼寝してみてはいかがでしょうか。

 

産後1年以上経っても、分娩後脱毛症がなかなか回復しない場合は、お一人で悩まず専門化にご相談を。