円形脱毛症の原因って?

円形脱毛症発症の原因

こんにちは!スーパースカルプ三田店の八田です。

ある日突然髪が抜け落ちる。それが円形脱毛症。

円形脱毛症の原因については、明確な原因は明らかではないそうですが、髪の毛の毛根組織に対して免疫機能の異常が発生する「自己免疫疾患」ということが関係していると近年言われています。

免疫機能の異常を発生させる要因としては、疲労や感染症、肉体的・精神的なストレスや体質的なものがあります。

円形脱毛症の原因になると考えられています。

自己免疫疾患

「自己免疫疾患」とは、外部からの侵入物を攻撃することで私たちの体を守ってくれている免疫系機能に異常が生じ、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気です。

円形脱毛症は、Tリンパ球が毛根を異物と間違えて攻撃してしまうために発症すると考えられており、その激しい攻撃により毛根が傷んで、元気な髪の毛でさえ突然抜け落ちてしまうのです。

しかしなぜその様な異常が生じてしまうのかは、まだ明らかになっていません。

アトピー性疾患

アトピー性疾患(アトピー性皮膚炎、気管支炎、アレルギー性鼻炎のいずれか)を持っている人のことを言います。

円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因を持つと言われ、半数以上が本人もしくは家族にアトピー素因が認められるなど、深い関連があるとされています。

精神的ストレスによる影響

一般的によく言われる中に「精神的ストレス」が挙げられます。

精神的ストレスを受けると、それに抵抗するために交感神経が活発に動きます。

交感神経は、心肺を早く動かしたり体温を上げるなどの働きがあり、身体がストレスと闘う準備をしてくれます。

このとき、ストレスが強すぎたり長く続いたりすると、交感神経に異常をきたします。

その結果、血管を収縮させ、頭部への血流が悪くなり、毛根への栄養補給が行き届かなくなって脱毛が引き起こされると考えられます。

また、ストレスは、毛根への栄養補給を妨げるだけでなく、「自己免疫疾患」や「内分泌異常」などのさまざまな疾患を誘因することもあります。

遺伝的要素

円形脱毛症患者の約8.4%に、同じ病気を抱えている家族がいると報告されています。

それは親等が近いほど発症率が高く、また円形脱毛症患者の一親等の発症率は、二親等以上の家族の10倍におよぶという結果が出ています。

このことから、円形脱毛症には遺伝的要因が関係する可能性が高いと考えられています。

 円形脱毛症は気付かないうちになっていることも多く、自然に治ることも多いですが、

なかにはどんどん進行してしまう場合もあります。

そうならないためにも早めの対策を。

スーパースカルプでは、円形脱毛症の方もたくさん発毛に成功されております!

お一人で悩まずまずはご相談ください。