高齢による薄毛は生えるのか?

高齢者の抜け毛の原因となる3つの理由

こんにちは!スーパースカルプ三田店の八田です。

加齢によって薄毛が進行する症状を「老人性脱毛症」といいます。

歳を重ねて高齢者となると、どうしても抜け毛の量は増えてしまうもの。

どうして年齢が高くなると抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

加齢による脱毛は、若い世代とは異なり新陳代謝の低下など避けられない問題があります。

1. 新陳代謝の衰え

新陳代謝の衰えは、若さを保つ積極的な意思を持っていても避けがたい現実です。規則正しく肉や魚介類、野菜などバランスの取れた食生活を実践し、適度な健康にも積極的に取り組む必要が出てきます。

2.血管収縮による栄養の減少

髪の成長に必要な栄養素は、肝臓で生成された成分とともに血管によって運ばれます。

内臓機能の健康維持とともに血管収縮につながる高血圧にも気を遣った食事、第2の心臓とも言われるふくらはぎに刺激を与えて全身の血液の循環が衰えないよ足腰の筋肉を使う生活を意識することも大切です。

3. 細胞分裂の限界

人間の一生で行う細胞分裂の回数は、生殖系細胞を除くと40~50回と言われています。この数値を当てはめると、ヘアサイクルを2年から6年として、最短の2年なら80歳から100歳で髪の毛は生えなくなることになります。

しかし「年齢に関係なく毛根部分が残っていれば髪の毛は生える」と言われています。

髪の毛が育つ細胞の働きの低下は否めませんが、抜け毛を減らす努力を続けて若々しさを維持する行動の方がもっと大切です。

 

高齢者の抜け毛対策

適度な運動

年齢を重ねると、少しずつ運動量が減っていくもの。髪の毛の老化を抑制するためにも、適度な運動によって新陳代謝を活発化させ、血行を促進させましょう。おすすめはウォーキングや水泳などの有酸素運動。血の巡りが改善されることで、毛穴の中にある「毛包幹細胞」の働きもよくなります。

 

十分な睡眠時間の確保

髪の毛が成長する“ゴールデンタイム”は、入眠から3時間。この時間帯は、髪の毛に好影響を与えるといわれています。夜更かしもNGなので、早寝早起きをする習慣を身につけましょう。

 

バランスのよい栄養摂取

健康な髪の毛は、多くの栄養素を求めています。栄養不足はもちろん、偏った食事を続けると毛包幹細胞にダメージを与えてしまうので、できるだけバランスの取れた食事を毎日摂ることが大切です。

自宅ケア

育毛剤と育毛シャンプーを使って頭皮の潤いと頭皮マッサージによる血流改善を促してあげましょう。

 

脱毛期間が長い分、時間が掛かるでしょうが

「髪は生える場所、生える環境」をととのえてあげれば生える可能性は十分あります。

スーパースカルプでは高齢も方も含め、たくさんの方が発毛に成功されております。