薄毛になりたくないなら朝シャンはやめよう

なぜ朝シャンが薄毛になるの?

朝にシャンプーされる方ってけっこう多いかと思われます。

スッキリ目覚めたい

寝ぐせ直し、スタイリングがしやすい

いい香りを残したい

夜は疲れてお風呂に入るのがしんどい

朝も夜もシャンプー派

 

良かれと思ってしていたのに・・・

朝にシャンプーをすると、当然寝ている間に分泌された皮脂を取り除きます。

一見、皮脂を取り除くと言うのは、頭皮にとっては良い事のように思われます。

でも実はこの皮脂というのは、紫外線や外からの刺激などから頭皮を守る役割を果たしています。

なので、朝シャンによって頭皮の皮脂を落としてしまうと、紫外線などからのダメージをまともに受けてしまいます。

そのダメージが蓄積されることによって、髪が抜けやすくなり、薄毛になってしまいます。

また夜に髪の毛を洗わずにそのまま寝てしまうと、1日で付着した汚れや分泌された皮脂を頭皮に放置するということになります。

放置された汚れや皮脂は、細菌やダニの餌となり、大量に繁殖してしまうことも💦

その結果、フケ、臭い、抜け毛が発生し、頭皮環境が悪化してしまいます。

 

 

夜も朝もシャンプー派というのは?

ダニや菌の繁殖はなくても洗いすぎることによって、頭皮が過剰に皮脂を分泌するようになります。

なぜなら、夜シャンプーしてから、次の朝シャンプーするまでには、8~10時間程度しか空いていません。

つまり、皮脂を落としてから8~10時間程度で次の皮脂を落としますので、頭皮が乾燥した状態になります。

すると、頭皮が乾燥していると判断し、頭皮の皮脂腺から大量に皮脂を分泌して補おうとします。

これがどういう事かというと、皮脂がなく乾燥している状態と皮脂が大量に分泌されて油まみれになっている状態とが交互になってしまうという事です。

この状態になってしまうと、頭皮トラブルを招き、頭皮状態が悪化して薄毛の原因を作ってしまうんです。

薄毛にならないためにもシャンプーは夜寝る前の1日1回がベスト!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA