頭皮マッサージは継続が大切

頭皮マッサージの効果

頭皮マッサージは1日2~3分でできるお手軽な育毛方法です。

毎日続けることで頭皮環境の改善が期待できます

続ければ続けるほど頭皮環境が良くなり、効果を実感しやすくなりますので、必ず毎日続けましょう。

頭皮を揉みほぐすことで血流の良い「健康な頭皮」を目指せます✨

頭皮の血行が良くなると、

  • 抜け毛の予防
  • 発毛促進

など、薄毛改善に役立つ効果が期待できます。

さらに、眼精疲労の緩和、ストレス緩和リラクゼーション効果も期待できるので是非とも取り入れてみてください!

 

 

 

百会(ひゃくえ)・・・自律神経の調整、頭痛、めまい、リラックス、脱毛改善、痔

通天(つうてん)・・・頭痛、脱毛改善

天柱(てんちゅう)・・・目・鼻の不調、肩こり、血圧安定

風池(ふうち)・・・頭痛、耳の不調、鼻の不調、肩こり、血行促進、眼睛疲労

角孫(かくそん)・・・目・耳の不調、頭痛、脱毛改善

翳風(えいふう)・・・頭痛、耳の不調、顔全体、血行促進、ストレス改善

顖会(しんえ)・・・頭痛、鼻の不調、脱毛改善

 

 

 

 

頭皮マッサージを始める前に肩甲骨まわりや肩のコリをほぐしましょう

頭皮マッサージを始める前にまずは肩こりや肩甲骨まわりの筋肉をほぐすことが重要です。

肩甲骨をよく動かし筋肉をほぐすと、不思議なほど頭皮のコリがほぐれます。

肘で大きく円を描くようにぐるぐるとゆっくり大きく5回回しましょう。次に逆回りに5回。これを左右行います。

右を回せば右耳の上と耳の裏の筋肉がほぐれ、左を回せば左側の頭皮がほぐれます。

耳の上と後頭部からマッサージを始める

側頭部や後頭部には筋肉があるのに対して薄毛になりやすい部分には筋肉がないことがお分かりいただけると思います。

頭頂部には側頭部の筋肉をつなぐ帽状腱膜と言う膜しかなく、血流が悪くなりやすい部分です。

耳の上の側頭部や後頭部の筋肉が凝り固まっていると、この帽状腱膜も硬くなり血流が悪くなってしまいます。

また、眼精疲労なども側頭部の筋肉を凝り固める原因になります。

つまり、頭皮マッサージを始める際はまずは耳の上と後頭部のマッサージを入念に時間を割くべきなのです。

やり方は指の腹をこめかみから耳の周りに当て、ゆっくり円を描くようにクルクルと上に持ち上げるようにマッサージします。

これを耳の上から後頭部へと徐々に位置をずらしながら行いましょう。

 

1日2回、毎日の継続がとても大切です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA