腸内環境が悪いと薄毛になる⁉

腸内環境の影響

腸内環境が悪化すると、さまざまな体調不良を引き起こすことはよく知られています。

腸では、主に摂取した食べ物の栄養の吸収が行われています。そのため腸内環境が良い状態であれば、栄養の吸収も活発に行われます。

腸内環境が悪いとなぜ頭皮環境に良くないのか?

 

人の腸内には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」がそれぞれ存在します。

理想的な状態とされるのは、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割。

このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。

善玉菌は、消化機能を助けたり免疫力を高めたりする役割があります。

悪玉菌は、体に悪影響を及ぼす物質を発生させるとされています。

また日和見菌は、体にとって良くも悪くもなり得る菌の総称を指します。

これらの菌のバランスが取れた状態を「腸内環境が正常な状態」といい、腸で吸収された栄養が十分に頭皮に届き、頭皮環境をよくしてくれると考えられます。

悪玉菌が増え腸内環境が悪くなるとどういったことが起こるのか。

栄養の吸収率が落ちる

体内に取り入れた食べものを消化し、栄養素を吸収するために小腸に運ばれます。

便秘などで腸内にガスが充満すると、消化吸収の働きを持つ小腸の働きも悪くなってしまう恐れがあります。

体内に取り込まれた栄養は、毛細血管を通して生命維持にかかわる場所に優先的に運ばれます。

髪はその優先度が低く、吸収率が下がると十分に栄養が運ばれなくなってしまいます。

 

人間の腸内には、500兆~1000兆もの細菌が存在するといわれています。

便秘などが頻繁に起こると悪玉菌優位となり、ガスや老廃物、有害物質が体内に蓄積されてしまいます。

腸内に有害物質や老廃物がたまると血液が汚れ、血行不良を起こしやすくなり、肌荒れやアレルギー、頭皮環境の悪化へとつながります。

すると頭皮では、健康に育つはずの髪の毛が成長できなくなってしまったり、乾燥を引き起こしてしまったりする恐れがあるのです。

腸内環境を改善する方法

食物繊維や発酵食品を摂取する

食物繊維は、善玉菌を増やすのに役立つとされています。体内に必要な栄養素は腸内で分解・消化吸収されることで内臓などの諸器官に送られますが、食物繊維を摂取することで消化吸収の働きを活発化させることができます。

また発酵食品の中には、善玉菌の乳酸菌や、乳酸菌の仲間の菌が大量に含まれています。

腸内の老廃物を対外へ排出してくれる作用もあるため、便秘がちの方や肌荒れが気になる方におすすめです。

 

運動を習慣づける

適度な運動は腸内環境に良い影響を及ぼすとされています。運動することで下半身や腹筋が鍛えられ、腸から便を押し出す力も高まる他、腸のぜん動運動にも良い作用をもたらします。

また、適度な運動は睡眠の質を上げ、快適な睡眠でリラックス状態になると副交感神経が高まります。これが腸内環境に働きかけ、便秘などの症状改善につながります。

 

肉の多い食事をやめる

腸内の悪玉菌の大好物は、肉などたんぱく質や脂肪を多く含む食品です。

悪玉菌はたんぱく質やアミノ酸を分解し、悪臭のする有害物質を作り出します。

便秘や下痢、肌荒れ、腸炎はもちろん、これらの物質が身体中に運ばれ、動脈硬化、高血圧などの病気の原因にもなります。

ストレスをためない

ストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れ、腸の運動が悪くなって便秘が起こりやすくなります。

健康な腸内細菌を持つ個体は、不安や心配などのストレスが少ない。

腸の健康を保つためには、副交感神経が優位となる「リラックスして過ごす時間」をバランスよく確保することが必要になる。

自分に合ったリラクゼーション方法を見つけて、腸内環境を良くしましょう。
腸内環境を整えて健康になることは薄毛改善のにつながります。
発毛するためにも健康的な生活を送ることが大切で、身体の健康や美容のためには全部繋がっているんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA