卵の食べ方によって育毛効果が変化する⁉

好きな卵料理はなんですか?

玉子焼き、目玉焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵、オムレツ等、

いろんな調理法があって毎日食べても飽きないですよね。

そんな卵にはビオチンという育毛に効果的な栄養素がたくさん含まれているんです。

ですが、食べ方によってはまったく育毛効果が無くなってしまう!というか逆効果になってしまう!!!という場合もあるんです。

卵の育毛効果

たまごには髪の毛の成長を助ける「ビオチン」がたくさん含まれています。特に黄身の部分。

ビオチンは髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進する働きがあります。数少ない育毛にダイレクトに効く栄養素です。

ビオチンの効果

  • 白髪防止
  • 血行促進
  • 美肌効果(皮膚を正常に保つ)
  • 寝付きを良くする
  • 免疫機能を正常に保つ

ビオチンを摂取することで、育毛効果以外にもたくさんの嬉しい効果が。生えてくる髪も太くて健康的になります。

たまご以外にもビオチンを含む食品はレバー、チーズ、イワシ等がありますが、もっとも身近で食べやすく、摂取しやすいのが卵でしょう。

育毛効果に良くない卵の食べ方

ビオチンがたっぷり含まれている卵。だけど食べ方によっては、その効果を台無しにしてしまうこともあります。

その食べ方とは…生卵の状態で食べること!

その理由は黄身ではなく白身にあります。

白身の中には「アビシン」という物質が含まれていて、それが黄身の中にある「ビオチン」と結合することで、育毛効果のあるビオチンが体内に吸収されるのを妨げるのです。

 

特に、黄身と白身をかき混ぜるというのが悪いそうです。

たまごをかき混ぜると、どんどんアビシンとビオチンが結合していって、どんどん育毛効果が無くなっていくというわけ。

「たまごかけごはん」は生卵をかき混ぜることによって、育毛効果が全然なくなってしまっているという事。

たまごかけごはんを食べ過ぎると、ビオチンの吸収が阻害されて育毛に逆効果になってしまう場合もあります。

大好きなたまごかけごはんが、実は育毛には良くない食べ方だったなんてショックですね…

 

育毛に効果的なのはゆでたまご!!

白身のアビシンが育毛効果のあるビオチンの摂取を邪魔します。ですが、白身に熱を加えることによってアビシンとビオチンが結合するのを防ぐことが出来ます。

黄身だけを食べるなら問題ないのですが、白身の部分にもたくさんの良い栄養素が含まれています。できれば卵1個まるごとを存分に楽しみたい。

そんな時にオススメの料理法が「ゆで卵」や「目玉焼き」

たとえばスクランブルエッグなんかは熱を通すので大丈夫そうですが、生卵の状態でかき混ぜてしまうので上手くビオチンが摂取できません。

黄身のビオチンと白身のアビシンが結合してしまい、その後に過熱してもあんまり意味がなくなってしまうんですね。

黄身の中にある育毛に大切な栄養素を効果的に摂取するにはゆで卵や目玉焼きの様に、かき混ぜない状態で過熱している料理が最適です。

育毛や美肌に効果抜群のビオチンを摂取するためにゆでたまごをオススメします!

ちなみに1日に2個以上卵を食べるとコレステロールの取り過ぎになってしまう!と言われていましたが現在では卵の摂取量とコレステロール値が無関係であるということが発表されています。

なので育毛のためにも積極的にゆで卵を食べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA