薄毛にならない食生活

育毛効果が期待できる食べ物

バランスの良い食生活は薄毛を予防するのにとても大切なんです。

髪の毛は食事などで体内に吸収された栄養素を使って作られます。

そのため、髪の毛を健康に保つのも、抜けて薄くなったりしていくのも食事が影響していると言っても過言ではありません。

そこで薄毛に良い食べ物をご紹介します♪

タンパク質

髪の毛の基本となるケラチンという成分は質の高いアミノ酸を含んだタンパク質です。

肉類・魚類・卵・大豆製品・乳製品などがあります。

これらを毎日バランス良くとるようにしましょう。

特に、薄毛の気になる方は、コレステロール値の高い肉類より、青身魚や大豆製品を中心に摂った方がよいです。

ビタミンA,E,P

血行を促進するため抜け毛予防に役立つ栄養素です。

ビタミンA → 緑黄色野菜
ビタミンE → 玄米や胚芽米、ゴマ、ナッツ類、油、魚卵
ビタミンP → 柑橘類、さくらんぼ、蕎麦など

ビタミンB群

頭皮の新陳代謝を高める働きをする栄養素です。

玄米や豚肉、レバー、マグロ、大豆などに多く含まれます。

コラーゲン

髪の毛にハリや艶を与える成分です。

コラーゲンは体内の30~40%のタンパク質を占める、身体にとって重要な要素です。

コラーゲンも育毛に効果的といわれる栄養素です。

長芋やレンコン、納豆やオクラなど粘り気のある食べ物に多く含まれています。

亜鉛

亜鉛は髪の毛を作る時に必要な栄養素です。亜鉛が不足すると、上手く髪の毛が作れません。

日頃、摂取しにくいので、意識してとるように心がけましょう。

牡蠣やレバー、魚貝類など

 

 

毎日食べたものが栄養となって髪はつくられます。

食べるものを少し意識して、薄毛にならない食生活をおくってくださいね。